あがり症と人間関係

agarisyou9.exblog.jp
ブログトップ

パワーストーンの人間関係 幸せになれる

心に自分がといった思いあがりがあると、心で相手の会話を軽く見たり、拒絶していますので会話の印象が残りません。いま自分自身がうけとめている思いや理解は、いまのあなたの感情のレベルでの反応しているに過ぎないのです。束縛されているといった自覚はなくともなんとなく逃げ出しなるのですね。世ののうちにはこう考える人が少ないのですね。


自分自身の特徴として現われる決まった形式が有りますよ。表情など笑いの練習で変化します。ただ自分が人を寄せ付けていないだけで、ほかの人あなたの心がけ次第で変わりますね。


会社でのストレスがよく生じるといった人の場合は、なぜ自分にこういった諸問題がつねに起きるのかを考えて見る必要が有りますね。女子の呼び方はさんでほぼ統一されていますから、氏名の呼ばれ方での職場などの人間関係での感情のなしこりは本当はないのでしょうが、男性へのくん付けにはよほどの注意が必要ですね。明るく寛大な人柄の上司なら少々の障害もなんなく処理してくれるでしょうし、こちらの不満もぶつけやすいのですが、わずらわしいなのは人間的にできていない人ですね。年長者の人が若い上司に○○くんと呼ばれると、内心いい思いがしないに違いありません。


心療内科
[PR]
by agarisyouningen | 2009-10-28 05:01