あがり症と人間関係

agarisyou9.exblog.jp
ブログトップ

保育の人間関係と幸せになれる

憎まれる人というのは、奪う人といった事がいえますよ。生気がないと人を近づけません。それに結局は、慣れしたしんだあなた一人の居場所を手放せず、人間関係に臆病になっているのですね。問題は相方の攻撃性にあるのではなく、このパートを人に見られたことで、自分自身がひどく傷ついてしまったことにあるのですね。


几帳面で仕事一筋、融通のきかない人が上司ですと一番悪いですね。上司ののうちに力強い人間性のある者がると、その人の影響でこうした暗いオーラが出ている面は抑えられ明るい職場が現われてきますね。


自分の心のの中のこだわりや引っかかりがなくなり、他者を許せるし、あんまり考える事がなくなるからですよ。自分達は知らず々に人生に損を施与していることを知る必要があります。交通事故のように原因が分りやすい悩みですとわたくしの方が悪かったのかと自分自身の非を認めるのは簡単ですが、対人関係となるとなかなかそうはいきません。自分が悪かったと思える人は相当人間性の発達した者ですよ。


あがり症と心療内科治療
[PR]
by agarisyouningen | 2009-10-27 18:37