あがり症と人間関係

agarisyou9.exblog.jp
ブログトップ

ドイツワールドカップの人間関係ときっとよくなる

他人を小馬鹿にする人ほど人から尊敬されたがっていますし、時分を大きく見せたいのです。立ち向かう人の心は鏡なりおのが状態をうつしたやみんといって、対峙する人のあなたに向けられた心は、あなたの心ののうちにある思いや様子を鏡の様に現しているといいます。自分自身の方からつまらぬ頑固になるのを止めて、心ののうちで和解をしたならいいのです。気質の悪い人と会話をしていますと、次第に何となく不愉快を感じ、心に突き刺さる様な感じがするのです。


職場でのトラブルがしょっちゅう起こるとゆう人のケースは、どうして自分にこうした悩みがつねに起きるのかを考えて見る必要が有りますね。明るく寛大な人柄の上役なら少々のトラブルもなんなく処理してもらえるでしょうし、こちらの不満もぶつけやすいのですが、やっかいなのは人間的にできていない人ですね。誰でも仕事場での拒絶な思いやトラブルの経験は一度や二度はありますでしょう。人に結構不愉快な思いをさせられますね。


自分自身の特徴として現われる決まったパターンがありますね。円滑な人間関係を築いています。子供のころ、思春期と人と交わっていくなかで、侮辱などの嫌いな思いや経験を重ねますと、人への警戒心が強まり、積極的に人と交わらないように心を閉ざす事になります。心が頑なになっている人の平均的な型ですね。


日本コミュニケーション学院
[PR]
by agarisyouningen | 2009-09-30 08:58